JRA平場中央競馬予想『馬券師メモ』。19時頃更新予定。時間をかけた分析こそが勝つための唯一の道と考えています。

小倉の馬券師Tの黙示録 vol.2 『クモの糸』

  • HOME »
  • 小倉の馬券師Tの黙示録 vol.2 『クモの糸』
偶然の気づき

 
 
真冬の小倉競馬場。

 
その日も、成績は散々…。

私は意気消沈しながら、帰り支度をととのえていました。

 
外も寒いが、財布の中身はもっと寒い。

帰りの電車賃を引くと、残りは わずかな小銭のみ。

 
「あのレースで武豊がハナ差かわしていれば…」

などとボヤきながら、
ふと、競馬場内の大型スクリーンに目をやると…。

 
「あれ? 確かこの馬…」

 
私は大型スクリーンに映し出されたその馬に、見覚えがありました。

その馬の前走は、記憶に残るぐらい”特殊な勝ち方”だったのです。

 
「次に出てきたら、注目してみよう」

そう思っていたのですが、結局、忘れていた…。

そのレースを勝ったことで、記憶が蘇ったのです。

 
 
私は家に帰り、早速、VTRを確認することに。

ビデオテープを棚から引っ張りだし、ビデオデッキに挿入。

*その当時は、パソコンでレース映像を観れませんでした。

 
「やっぱり、そうか…」

 
激走したその馬は、前走で”ある大きな特徴”を持っていました。

よく観ると、普通の勝ち方とはだいぶ違う。

これは…。

 
ひと呼吸おいて、私は考えました。

 
「いや、待て、待て。

早合点するな。

これまでも、そうだったじゃないか。

使えると思ったとたん、使えなくなるパターン。

どうせ今回もそのパターンだろ…」

 
テイクアウトした吉野家の牛丼をかきこみながら、そう冷静に自分にいい聞かせました。

 
 

払い戻し機がキャッシュマシンに

 
 
とりあえず、私はその”あるパターン”の馬を追いかけることにしました。

 
ダメで元々。

少しでも使えれば儲け物、という感覚でした。

 
数ヶ月後。

 
私は競馬で少しだけ勝っていました。

 
その”あるパターン”の馬を買い続けただけなのです。

そんな単純な方法でしたが、わりと安定して馬券が当たるのです。

 
「このパターンは本当に使えるかも知れない」

 
その後、私は、その”あるパターン”を徹底的に研究。

仮説→検証を繰り返しながら、とことんまで突き詰めていきました。

 
その結果、どうなったか?

 
 
ジジジジジジジジジ

 
と、音をたてて計算する払い戻し機。

ピーーー

という機会音とともに、顔をのぞかせる茶色い札束。

私は、出てきたソレを力強くわしづかみにする。

 
半信半疑で買った馬券が現金に替わる。

今まで味わったことがない、何とも言えない快感。。

 
私は、これまでの負けが嘘のように、競馬で勝てるようになっていました。

 
 

今度はどうも様子が違う

 
 
これまでは、使えるパターンを発見しても、すぐダメになることがほとんどでした。

 
調子がいいのは、ほんの一瞬。

逆に損をするパターンさえありました。

 
ところが、今回はどうも様子が違う。

 
その”あるパターン”の馬に限っては、継続して馬券が当たるのです。

どうも一過性の現象ではないようでした。

 
「これは本物かも知れない…」

徐々に、そんな希望を抱くようになりました。

 
その一方で、

「もしかしたら、また使えなくなるかも…」

そんな不安も、わずかながら残っていました。

 
まだ十分な確信が持てていない状態でした。

 
 

最強の男の回答とは…!?

 
 
ある日。

私は著名な予想家『O氏』に質問することにしました。

 
もちろん、その”あるパターン”についてです。

 
そのあるパターンが、本当に有効かどうか?

O氏のブログに、直接 質問をぶつけようと思ったのです。

 
O氏は、専門誌時代に100%超えの回収率を叩きだした予想家で、

『最強の男』

とまで呼ばれた人物です。

 
書籍も出版しており、その実力は確かと思えました。

 
 
ちょうど、その頃、O氏のブログでは『質問コーナー』が設けられていました。

その質問コーナーで、読者からの質問を受け付けている最中でした。

 
 
私は以下のような質問を、O氏のブログに送りつけました。

 
 
===============================

はじめまして。

Tと申します。

 
O先生に質問があります。

 
レースを観ていると『●●のパターンの馬』が、次走でよく走っている気がします。

 
実際、そのパターンで何度も馬券を獲りました。

今は、そのパターンの馬だけを狙い続けています。

そして、勝っています。

 
このパターンの馬は、これからも走るのでしょうか?

それとも一時的な現象なんでしょうか?

 
よろしくお願いします。

===============================

 
 
「最強とまで呼ばれた男が、何と回答するか?」

私は興味がありました。

 
もし、最強の男が太鼓判を押すようなら、このパターン、自信が持てる。

今後も強力な武器になり得る。

 
 
ただ、この質問コーナーは、すべての質問が取り上げられる訳ではありませんでした。

最強の男が選んだ質問のみ、回答されるようになっていました。

 
数日後。

 
私の質問は、最強の男によって選ばれていました。

質問コーナーに取り上げられていたのです。

 
最強の男が、なんと答えたのか?

 
回答は以下のようなものでした。

 
⇒ 第3章 最強の男の回答とは?

シークレット◎会員様専用お問い合わせ

PAGETOP