JRA平場中央競馬予想『馬券師メモ』。19時頃更新予定。時間をかけた分析こそが勝つための唯一の道。

注目馬

 
───────────────
小倉の馬券師Tのシークレット◎
(レギュラー)
─────────────

 
日曜のターゲットレースはフィリーズレビュー(G2)です。

 
 
………………………………

 
 
中山牝馬S 2019予想

 
 
■何度走っても人気薄の実力馬

 
◎フロンテアクイーン

(父メイショウサムソン、母父サンデーサイレンス)

 
【今回の決め手】

□実績上位で54キロ

□近2走は好内容

□中山コースは得意

 
[適性]A
[能力]A
[レース内容]B↑

 
…重賞で(3着内に)好走すること7回。
4着が2回。

 
(重賞でない)準オープン時代でも
レッドアヴァンセやジュールポレールといった
重賞級の馬と、互角の勝負を演じてきた。

 
これだけ走っても、人気にはならず、
ハンデは『54キロ』。

 
(実績が正当に評価されない)
過小評価された馬の典型的な例と言えるだろう。

 
 
■近2走は優秀

近走にしても、
決して内容は悪くない。

前走のターコイズS(4着)は
前半3ハロン34.2秒の
『ハイペース先行』。

外枠13番から先行し、
4角では早めに先頭に並びかけ、
ギリギリまで粘っていた。

(普段は、差すレースをする馬だが、
たまたま先行策に打って出たときに
ハイペースになってしまった)

 
2走前のエリザベス女王杯(7着)は
直線で前が塞がり、しばらく追えず。

外に切り替えるロスが大きかったが、
最後は伸びていた。

そして、その2戦以前は
『7戦連続で3着内』。

ずっと好内容が続いており、
まともなら上位人気でもおかしくない馬だ。

 
 
■得意中山コース

中山コースは【1-4-1-3】で
もっとも連対している得意コース。
(去年の中山牝馬Sでは2着に走った)

この馬は、頭の高いフォームで
スパッとは切れないので、
(急坂&小回りの)
中山コースがベスト。

適性が高く、能力も十分で、
近走内容も良い馬が
人気薄なら狙わない手はない。

【自信度 B↑】

 
 
○ノームコア

…中山コースは
【2-0-1-0】のパーフェクト馬券内。

とくに3走前の紫苑S(1着)が強く、
最後の加速は目を引いた。

 
前走の愛知杯(2着)は
出遅れて本来の先行策が取れず。

しかもドスローで
先行馬が止まらない展開では厳しかった。

最後はよく伸びていたし、
負けて強しの一戦だった。

2200mのエリザベス女王杯(5着)では
距離の壁を感じた。
1800mへの距離短縮はプラス。

 
 
▲ミッキーチャーム

…下級条件をすべて圧勝で押し切り、
G1秋華賞でも2着。

この秋華賞は
まともなら押し切れそうな形勢だったが、
まともなではない馬(アーモンドアイ)に
差されてしまった。

相手が悪かったとしかいいようがない。

実績はすべて直線の短いコースだし、
小回りの中山コースも合う。

(強いて言えば、
今回はカワキタエンカをはじめ、
同型が多く、展開が厳しくなりそうな点がマイナス要素だろう)

 
 
△△アドマイヤリード

…全盛期ほどのキレは感じないが、
G1馬が復調の兆し。

 
△クロコスミア

…前走(10着)は距離も長かった。


△ウラヌスチャーム

…ローズS(5着)でも伸びていたし、
近走充実。

 
押カワキタエンカ

…去年1着。

 
押アッフィラート…斤量51キロ警戒。

押ワンブレスアウェイ…前走は展開向いたが。

押フローレスマジック…良血馬で。

 
 
………………………………

 
 
■推奨馬

 
 
中山08R

 
大穴 2サイドストリート [勝浦]

(4着→7着→10着)

 
…「近2走敗因あり」

前走(10着)は
芝レースだったし、
「ぶつけられてトモを落とした」
という話。

*パトロールビデオで確認すると
残り800m手前で
ラチに接触してバランスを崩していた。

 
2走前(7着)は
ハナを切れずに気負った走りで
外から伸びかけたが
途中で脚色が鈍った。

3走前(4着)は
タイム差なしの4着。

4走前(1着)は
直線で軽く気合をつけた程度で
『6馬身差の圧勝』。

 
「休み明けで体重は大幅に増えているが、
状態が以前とは違う。
アッサリ勝っても不思議はない」
という陣営の談話。

(前走で-10キロだったので)
プラス馬体重は歓迎だし、
そもそも
休み明けで馬体増はプラスファクター。

逃げて一発ある。

 
[予想オッズ 23.0倍]

【自信度 B】

 
 
 
阪神12R

バニーテール

(1着→3着→2着)

 
…「手応え、反応良」

前走(2着)は
4角4頭分の大外を
手応えよくグーンと進出。

一気に先頭に躍り出て
勝ち馬に際どく迫った。

後続には『5馬身の差』。

 
2走前(3着)は
かなりメンバーの揃った『超ハイレベル戦』で3着。

*勝ち馬は次々走で1着
2着馬は次走1着
4着馬は次々走で1着

3走前(1着)は
直線であっという間に
抜け出す完勝。

ここでは断然の存在だ。

[予想オッズ 2.5倍]

【自信度 B↑】

ありがとうございました。

□お問い合わせ

このメールに返信してください。

───────────────

シークレット◎会員様専用お問い合わせ

PAGETOP